ビアガーデン婚活で発見できた新たな自分

席替えまでの間隔が長く男性とじっくり話せる

コミュニケーションの取りやすさと相手を見極める時間の確保、これらは圧倒的にビアガーデンの方が利があるのではないでしょうか。
後半に入ると、自分自身の気持ちにも大きな変化が生まれていることに気付きました。
もともと人見知り気味で男性にも簡単に心を許さない私なのですが、意外にも積極的に話し掛け過去のことなども打ち明けられていたのです。
多少アルコールが手伝った部分もあるものの、恐らくビアガーデンならではの開放感が大きかったのかもしれません。
天気も良く気候も穏やかで、本当にこの日は素敵な1日となりました。
最後には恒例のカップリングタイム、私は最初に隣に座っていた男性の名前を書きました。
結果は見事にカップル成立、これまで参加した婚活を含めても初めてのカップリングでした。
まさか本当にお酒の席で真剣な出会いができるとは、事前に感じていた疑心暗鬼はとうになくなっていました。

婚活に行ってきたダメだった#らくがき  #絵描きさんとつながりたい pic.twitter.com/TFsnEBRPYo

— へそまち (@nJxDihnI8sGFkD9) 2019年7月13日
その後私たちはそのまま同じ場所で二次会を開き、他のカップルたちと飲み直すような時間を作りました。
これもビアガーデン婚活のメリットで、盛り上がった気持ちのまま新たに飲み会を開けたのが良かったです。
このときはまだ時刻も日を跨いでおらず、気になっていた男性とより深いところまで話すことができました。
ちなみに会費なのですが、女性の私は5000円で飲み放題といった形です。
男性に聞くと8000円と言っていたので、男性の方が高額になるのが相場なのかもしれません。
普通に飲みに行くだけならこれより安く済みますし、異性と出会えるということにどこまで付加価値を見出すかによって感じ方は変わりそうです。
加えて参加人数もまた特徴的で、私が参加した日には実に50人以上の男女が集まっていました。

初めてビアガーデン婚活に参加 | 席替えまでの間隔が長く男性とじっくり話せる | お酒が好きで出会いを求める人にはお勧めの婚活